The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2014-06-07 Sat 01:10
はっと気付いたら2年くらいご無沙汰してしまった。。

FBとかって正体がばれすぎて、仕事も友達も家族もみーんなが知ってるからなんでもかんでもは書けないんだよねー。
ちょっとよそいきな感じになってしまう。。

ここでずっとちまちまと日記を書いてたのがなつかしい。。

今日は雨。

しばらく雨らしい。
梅雨か。

雨はきらいじゃないけれど、毎日はやだな。

レインコートと雨靴、買おうかな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ひさしぶりのひとりごと
2012-11-11 Sun 20:33

私ってこういう人間なのよ。。

オトコにだまされやすい。
仕事に恵まれない。
友だちに恵まれない。

掃除が苦手。
料理が苦手。
人付き合いが苦手。

そんなコトを自分で言うひとって以外とよくいます。

でもそれって相手に寛容を求めていてずうずうしいことなんですね。
甘え上手、は確かにオンナの武器ですが、
ずうずうしいオンナが可愛がられるのは、10代まで。

20歳すぎたら、せいぜい30歳過ぎたら、自分にできないこと、自分が
やっていることを他人のせいにしてはいけないと思います。

家族とか、恋人とか大切な友だちとかに、"自分のできない部分"という
のを情けない部分として、告白するのはありだと思うけど。

30歳すぎても、他人に助けてもらえる場合とは、自分でできることを
精一杯やって、自分がやったことに対して言い訳や愚痴を言わず責任を
とる覚悟でやっているひと。


知らないうちに、
「私って◯◯なんだよねー」と笑い話ぽく、甘え上手ぽく無意識に言って
しまってることって多いかもしれない。。。

50代くらいのひとでも、そうやって生きてきて、そのままのひとって私の
まわりにもいる。
それを聞くといつも気分が悪くなる。

自分のダメな部分をちゃんとわかっていて、治すつもりもなく、先にごめ
んねって言っとくね、あとはお願いね、みたいな感じ。
そしてぼんやりしていると、そのことについてフォローさせられたりして
いる。


そんな自分にも気をつけなきゃ。


自分でできることを精一杯やるのは、大人として当たり前のことだよー。

人のせいにしてはいけないよー。

そのひとができることを代わりにやってあげてはいけないよー。

誰かの為に何かをする場合は、じぶんが何をしているかをちゃんとわかって
納得してからやらないといけないよー。


自分に言いました。


自己責任って重い言葉だけど、そもそも生きていること自体が自己責任だものね。
自分の人生だもの。


糸井さんの言葉を読んで思いました。




2012年11月11日 ほぼ日 今日のダーリンより。

・じぶんで言っちゃだめだろう?
 ということが、ほんとうによくあります。
 
 「わたしの、ありのままを愛してほしい」
 っていう言い方、よく聞きすぎて馴れちゃってますが、
 よくよく考えたら、身勝手過ぎないか?
 相手に求めているのは「寛容」ですが、
 ご本人には、欠点を直す気がないってことです。
 
 「おれって、馬鹿正直だからさ」
 というのも、本人が言っても信用できませんよね。
 よくよく考えたら、「他人は嘘つきだ」ってことですし。
 これも、相手に対しての「寛容」を強要してませんか。

 「ときどき毒を吐きます」
 と、自己紹介している人もよくいるんですが、
 先に自己弁護しておいて、悪口を言いますよってこと?
 他人には、吐かれた毒は迷惑ですから、
 吐かないようにしてほしいのですが、
 「おれは吐く人間だから、吐いていいんだ」と、
 特権的に「寛容」に扱ってくれということですか。

 「俺、ほんと商売がヘタだからさ」
 って、まるで自慢のように言う人がいますが、
 それは、上手になるつもりがあったのでしょうか。
 悪人なのに商売だけが上手な人って、
 たぶん世の中にはいないと思いますよ。
 「悪徳商法」とかはともかく、
 ふつうは、まじめに商売をやっている人がほとんどです。
 「商売のヘタな俺」さんが「損ばっかりしてる」のは、
 なにか別に理由があると思われます。

 他人に「寛容」を求めるというのは、
 第三者、弁護人的な人の役割だと思うんです。
 当事者が言うのは、甘えというより、
 なんというか図々しいんじゃないかなぁ。
 「わたしだけは、勝手にやらせてもらいたい」
 という前口上みたいなものは、少年期までにしてほしい。
 ‥‥と、そんなことを思うぼくちゃんなんだけどさ、
 じぶんのなかにも、そういう「俺」がいるわけでー。

別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
名残手 なごりて
2012-08-05 Sun 03:48

「名残手(なごりて)」という言葉をはじめて知った。

お料理を出したあと、すぅーと三角に残すように手を引くことらしい。
物や、相手を大切にする気持ちに通じる。

ゆったりと、余裕を持って行う姿は美しい。
振り向く姿、電車に乗る姿。
立ち方、座り方、物の取りかた、渡し方。

美しい仕草、美しい言葉。


私は、気持ちがすぐに次のコト、次のコトにシフトしてしまい
(特に仕事モードのときは)名残なんて残していなかった。

てきぱき手際よくが良いと思っていた。


そしてはっと気付いた。

だから、まちがえたり、物を落としたり、言わなくてもいいこと
言ってしまったりするんだ!!!!


話す前にもひと呼吸。

渡す時にも、ひと呼吸。

そして、もろろん、お皿を置いたりしたときは名残手。


そうやって過ごしていると、ひとつひとつのことが大切にできる。

次の予定じゃなくて、今出逢って見つめている人のことを想い大切に
することにつながる。



名残手、忘れないようにしよう。

なごりて。


美しい言葉。







別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
もうすぐ夏休み!
2012-08-05 Sun 03:27
今年も猛暑。

日射しが強くてなまぬるい風が吹いて。
ちょっと動くと汗が吹き出る感じ。

つらい。


でも、私は夏が好き。


冬の間、ずっと考えてた。

お風呂上がりに、はだかのままでうろうろしたり、
お掃除のあとで、シャワーをあびて、ベランダでカルピスを飲んだり。

海辺で波を見ていたり。
真っ青な空に白い雲がもくもく浮かんでいたり。

花火大会や、プールのあとのアイス。



夏は楽しいことたくさん。

寒いと小さくなるから肩が凝るし湯冷めするし、たくさん洋服着ないといけないし。




あたたかいってすばらしい。




もし好きなところに住むなら、絶対にあたたかくて晴れの日の多い場所。
空気が乾燥していたら、なおいい。

あたたかいほうが、幸せになりやすいと思う。


ああ、そしてもうすぐ夏休み。

今年も島に帰る。


いつも泊まってた民宿のオーナーが変わってなんだか変な感じの宿になってしまった
ので、今年はキャンプにチャレンジ。

テントも買った。
シュラフも買った。

まだいろいろと欲しいものがあるけれど、今年揃えるのはこのくらいにして。


島の海辺でキャンプ。

早起きして泳いで、一番暑い時間は、温泉行ってお昼寝して。
夕方から、BBQ。もしくは、盆踊りや花火大会。
夜は真っ黒な空にたくさんの星。

東京は夜の空も薄明るくて、"深夜"とか、"夜も更けて"のようなニュアンスの夜が来ない。

海辺の松林に、ツクツクボウシがたくさんいたせいか、大合唱を聴くと、海を想像して
涼しい気持ちになる。


ああ、楽しみすぎる。。。

やっぱり夏が好き。



あ、仕事しないでだらだらしていられるならの話だけど・・・。




別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:0
書くことが。
2012-07-08 Sun 23:00
    お友達との通信手段


ちいさな手紙&黒電話
        ↓
       携帯電話
        ↓
        HP
        ↓
       ブログ
        ↓
  フェイスブック&ツイッター


いろいろな情報や、友だちの近況が簡単にわかってとっても便利になったけど、
なんだか日々忙しいね。

ブログを書いておいて言うのもおかしいけど、一日中、PCや携帯を見てるだけ
であっと言う間に時間が過ぎる。


フェイスブックにはなるべく日常のことは書かないようにしてしまうワタシ。

誰と何を食べたとか、どこにいるとか。
友だちのを読んでたら楽しいけど、逢ったときに話してもいいかな、と思ってしまう。

ということで、ブログに何をあげるのもわからなくなってしまっているのでありました。


でも広告になってしまっているのもさみしいから、時々、お料理レシピUPしていきます!

別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
| 何にもないけどすべてがある | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。