The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
なんにもない日々は穏やかだけど。
2010-01-31 Sun 00:00
日々、いろんなことがある。

それはとてもありがたい。
それはとてもすぱらしい。

それがいいことならうれしい。
それが困ったことでもたいしたことではない。


なにもない。


というのが一番むなしい。



スポンサーサイト
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
青山 だるまや
2010-01-30 Sat 01:54
和風中華

このジャンルってありそうでそう多くはない。

"だるまや"


青山、スパイラルをマックスマーラ方面に行く手前で曲がると、中程にある。

紀伊国屋の並びのビルで働いていた頃、よく通ってた。

角煮そば 
高菜炒飯

がその頃の定番。

今でこそつけ麺は多いけど、この頃具材と麺がバラバラなのはとっても
珍しかった。

その頃はワタシの食欲がマックスだった頃。
角煮そばと炒飯のセットなんてふつうに食べてました。
ラーメンや焼きそばとかはおやつだった。

そして今よりずっとスリムだった・・・(泣)
新陳代謝の問題かしら。


だるまやさんは、昆布がしっかりときいた和風だしに、中華のお肉やザーサイ
などがのっかってる。
こってりしてるけど、どこか和風。

ワタシが通い続けてる数少ない中華屋さんです。






別窓 | おいしかったお店 | コメント:0 | トラックバック:0
Tくんの弟のNくんとのその後。
2010-01-28 Thu 00:00
古い知り合いのTくんの弟のNくん。

イラストレータになってました!

5次元文庫のキャラクターも彼の作品です。

SS500.jpg

http://www.amazon.co.jp/超入門-5次元宇宙の探検ガイド-ナビゲーション-5次元文庫/dp/4199060774/ref=sr_1_10?ie=UTF8&s=books&qid=1264526666&sr=1-10


17年ぶり・・・の懐かしさも感じないほど、ふつうに楽しいお茶の時間を過ごしました。

こんなふうに出逢った時から一緒の空気を吸って生きてきたような気分になる人って
少ないけど、たまにいます。

5次元で、魂のない意識だけの世界らしい。
説明してもらったけど、わかったような、わからないような。

これから読んで勉強します!!!

ともかくおめでとう~。


逢えてうれしかったです。

応援します。

みんなもどこかで見かけたら応援してね!


やっぱり人生はたのしいな。



別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:0
wholefoodsmarket ホールフーズマーケット
2010-01-27 Wed 00:00
ちょっと前になるけど、NYで感激したスーパー、ホールフーズマーケット。
DSCF1009.jpg



オーガニックスーパーって、ナチュラルハウスとか、生協みたいな、どちらかと
いうと、やさしい色合いで、地味なイメージだったけど、食品の色の美しさで
とても生き生きとしたディスプレイだった。

DSCF1013.jpg

そして、一番の感激は、品揃えと品物の良さ。

にぎり寿司は、日本のお店でもあんまりないくらいおいしい。
2Fのフードコートは満席。

お魚も切り身じゃなく販売してる。
(目は隠してあるけどね)
DSCF1016.jpg


果物や野菜の並べ方、パッと見てわかるように、立ててあるサラダやパン。

DSCF1011.jpg


様々な工夫があって。

元気ななるスーパーでした。

http://www.wholefoodsmarket.com/
別窓 | ディスプレイ | コメント:0 | トラックバック:0
「ひさしぶり~! 17年ぶりかな?」とふつうに話す友達の弟。
2010-01-26 Tue 00:00
「Tの弟のNですけど、電話ください」
留守電が入っていた。

ここ数年、年賀状の返事がないから、どうしたかな?と思ってた15年くらい逢っていない
古い友達の弟だ。

もしかして悪い知らせ??? ちょっとドキドキしながら電話をしてみた。

「こんばんは」
「あ~、こんばんは。ひさしぶり。17年ぶりかな」とNの声。
実は、Tくんともそんなに親しかったわけではない。
親しい友達の友達という感じ。

その弟のNくんは、多分数えるほどしか逢っていない。

でもその兄弟のことはとても好きだった。
色で言うと、明るい紺色の感じ。

「どうしたの?」と聞くと、

「いやぁ、話すと長いから逢えないかな」

「いーよ。」と私。


ということで明日17年ぶりのご対面。

当時よく一緒に遊んでた友達に早速メールしてみた。

・・・ああ、あなたたち仲良かったよね。と友達から。

え~、私たち仲良かったの?
どうして私、仲良かったこと、覚えてないの?
紺色とか、イメージだけなの?

私は忘れっぽいというより、いつもほとんど何も覚えていられない。
昔のこと(3日前でも)は、だいたいイメージというか、残像しか残っていない。

新しいことを考えるのが大好きだからか、どんどん消去されてしまうらしい。

イヤなことを忘れてしまえるのは、人が生きていく為の神様がくださった知恵と
いうけれど、私の場合、ちょっとひどい。
いいこととも、困ったこともすべて、ほとんど覚えていられない。

一番良く言われるのが、
◯◯の時、◯◯を作ってくれたよね。
と料理を誰かの為に作った時のこと。

たいていあまり覚えていない。
人の記憶というのは、食や音と一緒に記憶されるんだな、と思う。

私も、作ったことは忘れるが、食べたことは覚えてる。
具材や香りまではっきりと。


でも、時々、「はっ」とお告げのように人の顔や姿を思い出す。

そして古いアドレス帳をひっぱり出したり、電話番号もわからないくらい
の人には、手紙を書いたりする。

そして再会すると、必ずお互いを必要としてる時期であることが多い。

実は先週も、10年ぶりくらいに数回しか逢ったことのない人と再会した。
年末に突然思い出し、年賀状を出したら、返事がきて逢うことになった。

お互いに顔もあんまり覚えていなかったけど、数回逢った時の話の内容は
はっきりと覚えていた。

色々と話してみると、なぜか共通の知り合いがたくさんいた。
ずっと長く一緒にいた人のようだった。


「以前と違って好きなことしかしていないんですよ。
今はとても幸せです。」

とその人は言った。

「私はずっと前から好きなことしかしたことないんですよ。
だからずっと幸せです。

と私は言った。


私は色々なことを覚えていられないが、エネルギーが共鳴することに対しては
敏感なんだろう。

明日逢う、Tくんの弟のNくん。

ちょっとかわいい顔だったような気がする。ぼんやりだけど。

「ねぇねぇ結婚したの?」と聞いたら

「・・・結婚パーティーで受付してくれたじゃない」


ああ、なんでこんなに忘れてしまうのだろう。
そして突然鮮明に思い出すのだろう。

プログラムミスのコンピューターみたい。

仕事も始まる前はそれしか考えてないし、終るとすべて忘れてしまうものなぁ。
あとは残像だけ。


モノを考えたり、作ったりする仕事をしているから、それでいいのかな。
きっとキャパに限りがあるんだし。

覚えていられないんだから、しかたないか。
まあ、必要な時には、どちらかが思い出すんだし。

それでいいことにしよう。

明日、楽しみだなぁ。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
世田谷代田「三土代会」お餅つき
2010-01-24 Sun 00:00
近所の氏神様 代田八幡さまで行われる「三土代会」のお餅つき。
DSCN8963.jpg


昔ながらの杵と臼で、8人かがりで歌いながら同じ臼をついたりしてすごい迫力!
DSCN8949.jpg



ちゃんともち米を蒸して
DSCN8970.jpg

そしてお目当てはやっばりつきたてのお餅。
小豆あんをからめて振る舞われる。


江戸時代からあるこの神社の伝統的な餅つきは、とても地味だけど、集っている
地元の人は、とても静かに伝統を楽しんでいてなんだかちょっと厳かな感じさえ
する。

DSCN8964.jpg


40年前は環七もなかったらしい。
江戸時代は、このあたりはただの畑と山だけだったんだろうなぁ。
その中にこの神社だけがいい匂いをさせてお餅つきをしていたんだろうなぁ。

餅米を蒸すにおい。
お餅をつくときの打ち水のはねる音。
ぺたぺたぺたぺたが、ぽちぽちぽちになり、ぱつぱつぱつになると出来上がり。
(イメージです)

子どもの頃、お隣の家の三和土でついたお餅をおばさんがちぎり、母と私は丸める
係。
つきたてのお餅に砂糖醤油をつけていただくのが大好きでした。

餅つき器は便利だけど、もち米を蒸す匂いや、男衆が汗をかいてついたお餅でないと、
なんとなくありがたみが少ないような気がします。

「寒い中、待っててくれてありがとう!」
DSCN8972.jpg



食いしん坊が、お餅食べたさに並んでただけなのに、とびきりの笑顔でお餅を配って
くださったおじさん。
ねじり鉢巻きが粋でした!


http://members2.jcom.home.ne.jp/ichikondo/01%20daidamochitsuki.html
別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:0
春のようなのに寒い。
2010-01-23 Sat 00:00

2日くらい前は、小春日和。

ぽかぽかと暖かくてとっても気持ちがよかったけど、昨晩は北風ピューピュー。
油断してると風邪ひきそう。

いつも言ってるけど、本当は、冬の間は冬眠したい。

あったかインナー着てシャツとセーター着て、タイツはいてコート着て。
マフラーして手袋して。

寒がりの私は着たり脱いだりだけでも大変だ。

そんな日でも、椿や、梅は、頑張って咲いてる。
やっぱり花はえらいなぁ。

DSCN8783.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
多すぎても足りなくても。
2010-01-22 Fri 00:00
「言葉はね、多すぎても足りなくてもいけないのよ」

友達のおかあさんの名言だ。

確かに、言わなくていいことと、言わないと伝わらないことがある。


私は・・・どちらかと言うとひと言多い。
ちょっと黙ってるくらいでちょうどいい。

でも肝心な時に大切なことを伝え忘れたりする。


わりと簡単なのは、「ありがとう」だ。

これは、ちょっとしたことで何度も言ってもたいていは問題ない。
感謝の気持ちを伝えるのは大切だ。
言いすぎるくらいでもちょうどいい。


難しいのは、「ごめんなさい」

私は、風向きが悪くなるとすぐにごめんなさいと言って、そのあとで
言い訳するクセがあった。

いつか注意していただいてやっと気付いた。


アメリカでのことだったからその人はこう教えてくれた。


アイムソーリーはアイムソーリーなの。
バットはいらないの。
そしてアイムソーリーは一度言えば、あとは、普通にしてていいの。
悪いと思って謝ったなら、それでOK

お詫びを態度やモノで表現する必要はないわ。

謝ったあとで、でも・・・という言い訳は聞きたくない。
それじゃあ、悪いと思ってるのかどうかわからないもの。


心にしみた。


それからは、安易にごめんなさいを連発するのはやめた。

ごめんなさい。
申し訳ありませんでした。

は、自分がしたことに対して間違っていた、悪かった、と心から
思ってる時に、心を込めて一度しか言わないようにしている。

そして理由があっても、聞かれるまでは自分からは言わない。


ごめんなさい、なぜなら・・・
申し訳ありませんでした、でも・・・

ほ~ら、文章にしても気持ち悪いでしょ。



でも人に教えていただくまで20年間くらいわからなかったんだなぁ。

ず~っと、

「ごめんなさい。でもね、◯◯だったから・・・」
というのが誠意だと思ってた。

先にあやまればそれ以上は怒られないですむという子どもの頃から染み付いた
姑息な知恵もあった。


今は、なかなか素直に謝ることができなくてちょっと反省。

謝る時は真剣に、心からと思うから。
もう少しは、ごめんね、って言ってもいいかな。





別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
マリメッコのがま口ポーチ
2010-01-21 Thu 00:00

大好きなマリメッコのローズ柄のポーチをいただきました!

DSCN8931.jpg


このがま口は、見た目のわりにたくさん入るし、ひとつほしいなぁ、
とずいぶん前から思っていました。

そして、このローズ柄は、生地で買ってなにか小物を作ろうかなぁ、と
ずいぶん前から思ってました。


そして、大好きな柄のほしかったがま口ポーチ!!

本当にうれしいプレゼントです!

この場を借りてありがとう~!!!
きれいな柄だから、汚さないように、大切に使います!
別窓 | 雑貨 | コメント:3 | トラックバック:0
しょうが焼き
2010-01-20 Wed 00:00
豚のしょうが焼き。

DSCN8913.jpg

定番中の定番だけど、最近、作り方を変えてみました。

豚肉は、しょうが焼き用ではなくて、薄切りを。脂は多い方がいいみたい。
漬けて焼くのではなくて、強火で焼いてからタレをからめます。

このほうが味が濃すぎず気に入ってます。


2人分
豚肉薄切り  300g

しょうが   大さじ4  *すりおろし
にんにく   大さじ2 *すりおろし
みりん    大さじ4
醤油     大さじ4
砂糖     小さじ1

タレの材料をパットかボウルに入れて混ぜておきます。

フライパンを強火で熱し、サラダ油を入れ、肉をひろげながら
一枚一枚をさっと焼きます。
(弱火だと時間がかかり固くなるので強火でさっと)

お肉の色が表面だけ色が変わったら、タレを入れたパットにいれます。

全部焼けたら一度フライパンに戻してあたためながらタレをからめます。

お皿にお肉だけを取り出し、フライパンのタレを少し煮詰めてまわして
できあがり。


焼き肉と同じで、ゆっくり火が入るとお肉が固くなります。
強火で表面を焼き(焦げるくらいでいい)余熱でタレをからめて、最後に
火を通してあたためると、やわらかく香ばしいしょうが焼きができます!!








別窓 | いなかごはん | コメント:4 | トラックバック:0
まさかいくらなんでも寿司
2010-01-19 Tue 00:00
新幹線での楽しみは、やっぱりお弁当。

"まさかいくらなんでも寿司"


DSCN8567.jpg


いくらの醤油漬け、蟹の身、味付けしたシャケのほぐし身、サーモン。
DSCN8569.jpg

軽めの寿司飯がまたまたおいしい。

贅沢なお弁当でした。

列車のお弁当は、とんかつ弁当みたいなしっかりしたのだとおなかがいっぱいに
なりすぎるから、こんな軽めの贅沢寿司はちょうどいいみたい。
別窓 | ランチ | コメント:0 | トラックバック:0
山賊焼きと山賊むすび
2010-01-18 Mon 00:00
広島~山口では、山賊焼き、山賊むすびというメニューは誰でも知っていてどこでもあります。
セブンイレブンにも置いてあるくらい。

何故か東京では見かけませんが。

私が始めてこの味に出逢ったのは、10代の頃。

山奥に、「山賊」という名前の古民家を移築したお店があり、真っ暗な山の中で、赤々と
した迎え火と、武家屋敷のような日本庭があり、そのお店の炉端で炭で焼いていたのが
山賊焼きでした。

ビールを麦酒と書くのもこのお店で始めて知りました!



山賊焼き
鳥もも肉を甘しょっぱい醤油ベースのタレに漬けて基本は炭火で焼いたもの。
皮はパリッとしています。

DSCN8642.jpg


山賊むすび

にぎりこぶしサイズ(ごはん茶椀大盛りくらい)の丸いおむすびです。
シャケ、梅干し、昆布など3種類ぐらいの具が入っていて、のりの内側には、ゴマと軽く
お醤油がしみています。

DSCN8641.jpg

似たものは自分でも作れるけど、やっぱり炭火で焼いたバリっとした感じや、大きな丸い
おむすびは、地元の味。

田舎風のお店で、薄味のうどんと一緒にいただきます。


別窓 | いなかごはん | コメント:4 | トラックバック:0
ロータスカフェのコーヒー
2010-01-17 Sun 00:00
表参道から一本裏通り、まい泉のむかいにある、ロータスカフェ。

ゆっくりできて、おいしくて、大好きなカフェです。

ここのコーヒーは、コースターがついてきます。
DSCN8914.jpg

疲れたの?
DSCN8915.jpg


でも裏返すと笑ってます。
DSCN8916.jpg
別窓 | おいしかったお店 | コメント:0 | トラックバック:0
小松菜とかぶのサラダ
2010-01-16 Sat 00:00
今は一番かぶが甘い時期。

真っ白で丸々ふとったきれいなかぶを見つけたら生でサラダがおすすめです。

DSCN8906.jpg


特上のかぶなら、塩とオリーブオイルだけでもいいけど、同じくとってもきれいな小松菜が
あったので、茹でて柚子風味のサラダにしてみました。


かぶと小松菜のサラダ

かぶ   3個
小松菜  1/2束
柚子の皮

オリーブオイル
醤油


小松菜は固めに塩を入れた熱湯で茹で、水にさらして切ります。
かぶは厚めに皮をむき、6つ割りに。
柚子の皮は白い部分を除いて千切りに。

塩、オリーブオイルを入れて軽く混ぜ、柚子の皮をちらしてできあがり。

お好みで出汁醤油や、洋風のお料理の付け合わせには、バルサミコ酢で
仕上げでもおいしい。
柚子ではなくて、レモンでも。
レモンの場合は、メープルシロップを少し入れるとさらに風味が柔らかく
なってワインなどとあいます。



別窓 | いなかごはん | コメント:2 | トラックバック:0
夜中のぜんざい
2010-01-15 Fri 04:00
冬の夜。

なぜか無性にぜんざいが食べたくなること、ありませんか?


私は年に数回、あります。

思い始めると我慢できない。


私はそんな時の為に、絶対にあずき缶をきらしません。

「あれ? あったっけ? なかったっけ?」

お買い物の時、わからなくなって、缶詰だから、まあいっか、と2個も3個も
買ってしまったこともあります。

DSCN8886.jpg




でもいいの。

好きだから。


おもちを焼いて。
夜だから、一応4つに切って小さくしてみたりして。
DSCN8896.jpg


あたためてこんがり焼いたおもち入れるだけ。
寒い夜には、熱々にして、ふーふー言いながら。

DSCN8903.jpg



たまりませ~ん。

別窓 | おやつ | コメント:0 | トラックバック:0
ぶっかけうどん
2010-01-14 Thu 00:03
大好きなとっておきのごちそうです。

DSCN8870.jpg


ぶっかけうどん

うどんを茹でで、お湯をきり、卵・かつおぶし・天かす・ネギ・生醤油をのせて
混ぜるだけ。

ただそれだけなのに、とびきりおいしい。

最近は、さぬきうどんのお店が増えてきたからそんなにめずらしくもないけれど、
時間がない時、ちょっとだけ食べたい時、さっと作れてあたたかくておいしい。

ぶっかけうどんはコシが命。
あとは、おいしいダシ醤油と天かすも大事。


私は、加ト吉の冷凍うどんを常備してます。

冷凍うどんは、ちょっと茹で過ぎでもちゃんとコシがあって、鍋焼きうどんにしても
煮込んでもうどんが伸びきらないからおすすめです。



別窓 | いなかごはん | コメント:4 | トラックバック:0
怒る時の言葉
2010-01-13 Wed 00:00
怒りを表現するのが苦手だ。

温和なのではない。

腹はたつけれど、ちょうどいい言葉が浮かばないのだ。



ずいぶん昔、会社にかかってきたクレームの電話(ほとんど言いがかり)に、
本人の母親が出てきて、大切で優秀な娘がどんなにショックをうけているかを
延々と説明された挙げ句、やっと本人が電話に出て来て私に言った。

「いんちき会社のいんちき女!」

私は、"会社を代表して対応しているのだから"いう自制心と闘いながら言った。

「私は会社をとても大切に思っています。いんちき会社とは許せません。
 あなたが大切に思っている存在、例えばお母さんを"いんちきおかあさん"と
言われたらどんな気持ちがしますか?」

・・・いんきちおかあさん・・・・

なんとも間抜けだ。

間抜けすぎる。



私が怒ってることを知ったまわりのスタッフは、どんなふうに怒るのだろう、
と耳を澄まして聞いていた。そして吹き出しそうになっていた。


ちょっとした腹のたつことはわりとすぐに忘れる。
おいしいものを食べたり、笑いとばしたり。
それはまあ、それでいい。

でも、とっさに、これはいかん、怒るべきだ! と思った時にうまく言葉が
でてこない。

びっくりしてしまうのか、怒った時に使う言葉をあまり知らないからか。


一番嫌なのは、怒っているのに、うすら笑いをしてしまう時だ。
または、目の前にシャッターを下ろすような気分になってしまい、トイレか
どこかに隠れて考えてみたり。

トイレのドアの向こうで後輩の声を聞いたこともある。

「あ、また隠れた」

私を怒らした張本人の声だった。


腹はたつのだ。

ちゃんと言いたいこともあるはずなのだ。

だったら、そういう時、ちゃんと言葉を選んで自分の感情を相手に伝える
べきではないか?


そう思いながら、今でも私は腹がたつと、目の前にシャッターが下りたり、
又は、自分の身体から自分の意識が離れて、まるでテレビドラマのセット
でも見ているかのように、俯瞰で自分とそのまわりを眺めていたりする。



うまく言葉が使えるようになるのはいつの日だろうか。

もしかしてそんな日はこないまま怒る言葉を持たない世界に逝く日がくるのだろうか。



別窓 | ひとりごと | コメント:6 | トラックバック:0
煮物のコツ
2010-01-12 Tue 00:00
煮物はさっと作っていただくという手軽さはありませんが、前日や時間の
ある時に作っておいて、ほっておくとおいしくなるというめんどくさがり
やの私には、とっても便利な調理法です。

煮物が一品あれば、あとは、魚を焼いたり、サラダを作ったり、炒め物したり
ちょっと足すだけでごちそうが完成。
いつおなかがすいても安心です。(笑)


何度も書いていますが、煮物のコツ。

1 どんなものでも、炊ける前(固い時)は味がしみ込まないので
柔らかくなってから味つけをすること。

2 冷める時に味が馴染むので、味付けをしたら、煮込むよりも、
時間を置いて冷ますこと。

3 時間が経つと味が濃くなるので、薄味に味付けすること。



この三つを守ればたいていの煮物がおいしくできます。

あ、あとは、お弁当など、冷めてからいただく場合には、多少塩を
強めにしたほうが、痛みにくいし、味がしっかりします。

素材がとびきりいい場合は、出汁だけで煮てから、食べる直前に塩を
パラパラとふるのもいいし、茄子や、里芋などは素揚げにしてから
炊くのもコクがありとてもおいしいです。


煮物はどうしても、見た目が地味なので、柚子の皮、白髪ネギ、キヌサヤ
糸とうがらしなど、最後に少し彩りを添えると、味も見た目も引き立ちます。

また、あたたかく食べていただきたいものは、あんかけにしたり。
つめたくしていただくものは、直前まで器ごと冷蔵庫に入れておいたり。

色々工夫して。


見て美しく、食べておいしく。


別窓 | ちょっとしたコツコーナー | コメント:0 | トラックバック:0
豚バラともやしポン酢
2010-01-11 Mon 13:29
その名の通りのお料理です。

お料理と言うには簡単すぎるという簡単さだけど、ホントにおいしい。

DSCN8840.jpg


2人分

もやし 1パック*細めが良い
豚バラ 100g
塩こしょう
酒   大さじ3

大葉  5枚*万能ネギでもいい


もやしを沸騰したお湯でさっと茹でます(1分くらい)
*くさみがとれます。

フライパンにサラダ油を入れて豚バラを並べます。
(炒めるのではなく、並べること、あんまり動かさない)

しっかりめに塩こしょうします。

もやしと大葉(またはネギ)を乗せて酒を入れフタをして3分蒸したら出来上がり。
かいわれで作ってもおいしいです。



食べる直前に、ポン酢をかけて。


お酒のおつまみに、前菜に。



別窓 | いなかごはん | コメント:0 | トラックバック:0
水仙の花
2010-01-10 Sun 00:00

1月、年のはじめに、何故か水仙の花の香りが欲しくなります。

すっとした姿も好きだけど、やっぱり香り。
ちょっと寒い、固い、強い香り。

一年でこの季節だけ、そう感じます。


お正月というお祭りが過ぎた頃、凛としたただずまいで、背筋の
伸びる香りを放ってくれる優等生。


水仙の花はそんなイメージ。



img00000169l.jpg


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
麻布散歩
2010-01-09 Sat 00:01

雰囲気のある商店に弱い私です。

今は焼き鳥やさんみたいですが、もしかしてこの造りは、昭和初期の用品店ではないでしょうか?

DSCN8859.jpg

そして、麻布十番の小さな公園から見えるカフェ。
かなり本気のフランス風です。
フランスは、どこに行っても角にはこんなカフェがありました。
でも、左右の謹賀新年の旗が完全にニッポンのお正月です。

DSCN8861.jpg

やはり本気のカプチーノでした。
でもフランスだったら、カフェラッテ にすればよかったかな。

DSCN8863.jpg
別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:0
七草粥
2010-01-08 Fri 00:20
年末からお正月にかけて食べ過ぎ、飲み過ぎた胃腸にやさしくして、
今年も一年、健康にすごしましょう!
という七草粥。(自己流解釈です)


久しぶりに作ってみました。

ちょっと苦みのある素朴な味わい。
身体の中をきれいにしてくれそうです。



七草粥(4~5人分)

春の七草
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

最近はこんな便利なものが!
DSCN8875.jpg


米 2カップ
水 7カップ

塩 小さじ1
酒 大さじ1


七草を洗います。
DSCN8879.jpg


沸騰したお湯で、2分くらいさっと茹でて、細かく刻んでおきます。
茹でるとほんとうに少しになってしまいます。
DSCN8881.jpg



鍋に、といだお米・水・酒を入れて沸騰したら弱火にして30分炊きます。
炊きあがったら、七草と塩を入れて軽く火が通ったら出来上がり。
DSCN8882.jpg


普通のお粥は、海苔やゴマなど色々と足したくなりますが、ちょっと我慢。
一杯目は、この素朴な味わいを楽しみます。

DSCN8884.jpg


お代わりからは、梅干しや、シラスなどを添えて。

余ったら溶き卵を入れて雑炊にしてもおいしいです。


別窓 | いなかごはん | コメント:2 | トラックバック:0
大豆
2010-01-07 Thu 00:00

大豆。

身近だけど、自分で炊くことは少なくなったかも。

穫れたての甘い大豆をいただきました。
新米を取り寄せたら、農家の方がおまけに入れてくださったそうです。

おすそわけのおすそわけ。

あまり砂糖を入れないで軽く炊いてみました。
豆は保存食だけど、どんなものでも穫れたては最高です。


DSCN8461.jpg


大豆の煮豆

大豆  カップ 1/2
水   カップ 3
昆布  一枚
いりこ 10匹

油揚げ 1枚
人参  1/2本

醤油  大さじ3
みりん 大さじ1
酒 大さじ3
砂糖 小さじ1


大豆と昆布を水につけておきます。(半日~一晩)

昆布を取り出して適当な大きさに切り、鍋に戻します。

水が少なくなっていたらひたひたになるくらいに足して
ちぎったいりこ、短冊に切った油揚げ、千切り人参と一緒に
弱火で20分煮ます。

砂糖・酒・みりん・醤油の順に加え、一煮立ちしたら火を止めて、
半日以上置いて出来上がり。


すぐにいただけますが、少し時間をおいたほうが味が馴染んで
おいしくなります。








別窓 | いなかごはん | コメント:0 | トラックバック:0
あけましておめでとうございます!
2010-01-06 Wed 00:00

お正月も過ぎて今年も6日経ちました。

年末年始は慌ただしいような時間がゆっくり流れているような静かなお正月でした。


こちらが忙しくても、ヒマでも、夏の暑い日もお正月も、嬉しい時も悲しい時も、
瀬戸内海の島はいつも穏やかな顔で出迎えてくれます。

DSCN8744.jpg





「困ったことや悲しいことがあったら、
 空を見てみい、海を見てみい。
 
 ひろいじゃろう、大きいじゃろう。自分の考えとることがつまらんことに思えるじゃろう?」


亡くなってしまった大切な人の口ぐせでした。


自分やまわりを信じることができなくなった時、
心が折れそうになった時は、いつもこの言葉を思い出します。


今年も一年、美しい海のように生きていけたらいいな。

このブログを見てくださっている方にも、この空のようなやさしい光が降り注ぎますように。


DSCN8706.jpg



別窓 | 日々のコト | コメント:7 | トラックバック:0
| 何にもないけどすべてがある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。