The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
雨と早乙女太一さん
2011-06-05 Sun 23:35

日曜の夜の雨はなんだかちょっとさみしい気持ちになる。


理想的な雨は、お休みの日、

いそいでやらないといけないこととか、
何時にどことかの約束がなくて、暑くも寒くもない休日。

のんびりとお風呂に入ったり、好きな音楽を聴いたり、珈琲を
入れたりして、読みかけの本を読んだり。

雨音も楽しめるココロの余裕があるときかな。




今日は、お友達が出演しているご縁で、築地本願寺で行われた早乙女太一
さんの朗読活劇 「Recita Calda~沖田総司~」を観に行った。

0122-saotome-212x300.jpg


美しくライトアップされた境内での舞台。

早乙女太一さんと言えば美しい女形のイメージが強かったけど、殺陣が
少しあるだけで、一人芝居のような静かな舞台だった。

それでも、ただ歩いているだけでなんだかきゅんとなる美しさ。

100年にひとりと言われる理由がわかる気がした。


title.jpg



歌や三味線を弾いていたお友達もとても美しく大切な役割で、感動。
やっぱり芸事を続けて極めるのはとても大切で豊かなことだなぁ。



屋外だから、カッパを用意して行ったけど、途中やっぱり雨が降り始めた。

カッパを着たのは何年ぶりだろう。
両手が空くし、雨の跳ね返りもないし、快適。


雨の日、外で楽しく過ごすには、お気に入りのカッパを持つといいかも。

そして普段あんまりしないことをすると楽しい。




スポンサーサイト
別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:0
<<カツオのお刺身 | 何にもないけどすべてがある | カフェのパン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 何にもないけどすべてがある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。