The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
水木しげるさん 生まれてきたから生きている
2010-09-29 Wed 00:02
ゲゲゲを毎日、見ていました。

朝の連ドラなんて楽しみに見たの生まれて初めてです。

しかも、内容はたいていは平凡な日常のコト。
すごい事件がおきたり、大問題などはないのに、毎日見るのがとても
楽しかった。

水木さんのインタビューで、おくさんはどんな人ですか?との問いに、

「生まれたから、生きている、そんな人です。」
と答えていらっしゃいました。

木々や、虫やキツネとかと同じように、人間も生まれたから生きている
動物なんだと。

おくさんは、自分のコトを
「ありふれた言葉ですが、自然体です」とおっしゃっていました。

そして、ものすごく貧乏な時代も、大変だったけど、つらくはなかった、
明るいというよりひょうひょうとしていたと。

水木さんは、クソをしている時のような気持ちで生きていたらいいんです。
ともおっしゃっていました。

楽しい時は、絵を描いている時と、お菓子を食べている時だそうです。


生まれてきたから、生きている。

ごく当たり前のことだけど、もしかしたら、私たちは色々とむずかしく
考えすぎなのかもしれない。

生まれてきたのも、生きているのも、それだけですごいことだし。

出逢ったひととの関わりを大事にして、好きなことをして笑って生きて死ぬ。



それはそうできたらいいね、ということではなくて、それが当たり前のこと
なのかもしれません。



ゲゲゲを見ていてしあわせな気持ちになったのは、家族が笑って普通に暮らす
ことがどんなにしあわせかを、画面を通して感じていたからかなぁ、
と思いました。

見えなくてもいる。

medama.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 日々のコト | コメント:0 | トラックバック:1
<<自分のコト 小学生の頃 | 何にもないけどすべてがある | アナベル>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
総員玉砕せよ! (講談社文庫)水木 しげる講談社 刊発売日 1995-06-07... …
2010-10-03 Sun 17:51 教えてください
| 何にもないけどすべてがある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。